2017年10月7日土曜日

近くの自動販売機でも、ちょっとした気分転換になる

起きたら、「ヘビメタ騒音でたまらない気持ち」になったので、あっちのほうに、書いた。どうも怒るとそれだけで体力を消耗してしまうらしく、ちょっと動けなかった。

それでも腹が減ったので、なにか食べることにして、冷蔵庫の中を見る。と、そこにはずっと置きっぱなしだった豆もやしのナムルがあったので、それを食べることにした。あれは、封を切らなければ何ヶ月ももつ。で、豆もやしのナムルの上にマヨネーズのせて食べてみたんだけど、うまい。こういうのも、いける。マヨネーズ味はいいね。

あー、とはいえ、頭がボーーっとしている。動くの、しんどい。俺の一日はこうしてはじまって、文章を書くということ以外はたいしたことをせず、むなしい気分で終わる。

なんか炭酸が飲みたい。買ってくるか。普通の人だと、ちょっと一服したいからたばこを買ってこようという感じなんだろうな。むかし感じた「大人の人の行為」だとそうだ。たしかに、近くの自動販売機でも、ちょっとした気分転換になるんだよ。俺の場合は、だるいままだけどさ。

歩いているときも九〇%ぐらいは、ヘビメタ騒音のことを考えていて、残りの一〇%で、歩いているという感じだからな。目に見える風景が、全部、ヘビメタ騒音なんだよね。全部、ヘビメタ騒音で破綻したときの気分で見た風景、なんだよね。

で、まあ、外に出たいわけだけど、誰か背中を押して。

(このブログは、Twitter、Google+などと連携してない。どうしてかというと、自由に書きたいからだ。たとえば、昨日の夜に書いた「おやすみ」という文章は、受け取る人にとってはどうでもいい文章なので、送るのは気が引けてしまうのである。けど、ブログに書くのは自由だろという気持ちがある。ブログの場合は、無理をして?見ようとしなければ見れない。Twitterだと、送り込まれてしまう。もちろん、フォローしなければいいわけだけどさ。なんか、お礼でフォローしてくれた人が、「こんなの送ってくるな」と思っていたら、いやだからさ。まあ、ブロックとかミュートとかいろいろあるけど。)

Twitterに関してはなにかしらポジティブなことを書く必要性があると思う。これ、やってみればわかるけどポジティブ専用アカウントとネガティブ専用アカウントをとって、ポジティブ専用にはポジティブなことを書いて、ネガティブ専用にはネガティブなことを書くと、まあ、人気が出るのはポジティブのほうなんだよ。

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿