2017年11月5日日曜日

使わない金は、死んだ金じゃない

きもいバイオリンの音が残ってのいるで、動きたくないのだけど、だれも、ご飯を持ってきてくれないので、しかたがないから、動いた。
ほんとう、美少女戦士、俺を救ってくれ。ご飯、もってきて~~。

なんかもう、気持ち的に限界なんだよな。ドラえもんでもなんでもいいから、助けてくれ。特に、完全防音アイテムがほしい。完全防音アイテム、おかね~~、気の合う女の人、がとりあえず必要だな。まあ、カネが有り余るほどあれば、しずーーーーかーーーなーーところに引っ越したい。

あ~~、つまんない。その、どれもがない。

お金があれば、だいぶ解決するなぁ。けど、そのお金の額というのが……。お金があると言っても……。ともかく、よゆうの金が一億円ぐらいほしいな。よゆうの金が。一億円の他にもう一億円ぐらいほしいか。これは、使わない金だ。使わなくても安心料として必要なんだ。使わない金は、死んだ金じゃない。安心を供給してくれる。『いざとなったら使える』というのが重要なんだよ。いざとなったら、引っ越せる……。いいところに引っ越せる……そういう安心感があれば、ちがうだろ。金がなくて引っ越せないという状態だったら? ぎりぎり金があって引っ越せるにしろ、引っ越し先が(いま住んでいるところよりも)劣悪な環境だったら? 別の部分に問題があるところだったら? あっちをたれれば、こちらがたたずみたいな感じのところでまよってまよって、決断するようなところだったら? 金があれば、『比較的に言って』いいところに引っ越せるに決まっている。問題が少ないところに引っ越せるに決まっている。金がなければ、たとえ、引っ越し自体が可能だとしても、劣悪なところか同程度のところにしか引っ越せないだろ。
だから、使わない金も、必要なんだよ。いざというときのために。

だから、二億円ぐらいあれば、ひとまず安心する。

ほんとうのことを言ってしまえば、五〇〇〇万円ぐらいでもいい。

いま、五〇〇〇万円もってたら、あれをしてあれをして……ってやっぱり、なくなちゃうかな。五〇〇〇万円じゃ。


いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿