2017年11月13日月曜日

西北か北西かでちょっとまようときがない? さらに西北西が……

西北か北西かでちょっとまようときがない?
北西 西北
北西か、西北か?って問題ね。
これは、方位を意味しているのであれば、北西。


日本→東西南北
アメリカ・ヨーロッパ基準→北南東西
これな!

けど、方位じゃなくて、地域などをさしている場合は、昔からあるわけだから、日本の言い方が残っているわけ。なので、地域をさす場合は、西北という言い方もある。けど、地域じゃなくて方向を指している場合もある。都の西北、早稲田……とか。

これ、地図だと北が上なんだけど、ぼくの部屋のなかで方位考える場合、東が上なんだよな。いかにも、こっち側の太陽が昇ってくる方向が『上』という感じがする。パソコンのモニタが置いてある机が東を向いているので、モニタ上で『上』は東になってしまう。けど、モニターには、上の方に『北』がうつっている。なので、九〇度回転させないと、現実に一致しない。これがめんどうなんだよな。まあ、机の向きを九〇度回転させると、北と『上』が一致して、すごくわかりやすいことになる。

ぼくの部屋を中心にして考えると、北側って『あっち』側なんだけど、なんか、北という感じじゃないんだよな。こっちが地図上で上かよ。左横が、北なのか。北側にまっすぐ進んでいくと、北極があるんだけど、
なんか『あっち』にまっすぐ進んでいくと、北極があるとは、思えない。けどそうなんだよな。北極側が上なんだよな。まあ、宇宙空間を考えると、上も下もないわけで、南極が上にある地図も間違いじゃない。

あとは、北北東というような言い方があるじゃない。北北西とか。西北西とか。一六方位だと、東南東とか西北西とか、東西のほうが先に来る言い方が出てくる。八方位だと北南が先なんだけどね。西北西というのは、西と北西のあいだの方向。中央方向。四五度の半分だから、二二・五度。西北西はほとんど西で、ちょっと『北成分』が入っていると思えばおぼえやすい。まず、西だと思って、それを北側に二二・五度ずらす。西と北西のあいだなんだけど。西・北西と考えると楽か。

一六方位(国際式・北南東西)に西北西という言い方があり、なおかつ、西北(日本式・東西南北)という言い方があるから、混乱するんだよな。しかも、西には(にし)という読み方と(せい)という読み方があって、(せい)という読み方は、日常ではあまり用いられないので、なんか、違和感がある。西北西を「にしきたにし」と読んだほうが、わかりやすいのではないか。まず、西(にし)を想像して、北西(きたにし)方面に、修正すれば、いいわけだから。ようするに、ニシとキタニシの中間点が、ニシキタニシなんだから。こっちの方が楽だろ。断然わかりやすい。

(注)wikipediaで
一六方位の方位間隔は22°30′と書いてあるけど。これ、間違いじゃないかと思う。22°50′が正しいと思う。22.5*16=360だから。
一二時の方向とか、そういう考え方が書いた人に影響を与えている感じがする。30は60の半分だからね。

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿