2018年1月3日水曜日

外付けUSB-SATAアダプターがこわれた 

外付けUSB-SATAアダプターがどうしても、使えなくなった。だましだまし、使っていたんだけど、うんともすんとも言わない。で、ちょっといろいろやってみて、また、動き出したから、「いくかなぁ~~」と思ったんだけど、途中で、電源供給がたたれた状態になった。「これは、ハードディスクの内容を傷つけることがあるなぁ」と思ったので、これはもう使えないと判断した。これ、捨てたくないんだよな。そんなに、こわれるようなものじゃないと思うけど、実際、こわれた。電源供給部分がだめなだけだから、おなじやつを買えば、スペア用品として使えないかと思っているけど、どうしたもんだ。
じつは、外付けUSB-SATAアダプター(けん)引っ越し対応であるものをぼくは、年末に買っていたのだ。これは、なんだか知んないけど、アマゾンでセールをやっていて、半額で買えた。2300円ぐらいのものが、1150円ぐらいか。ともかく安かった。で、まあ、それを箱から出して使ってみたら、ハードディスクは健在だった。よかったよかった。

まあ、こわれた外付けUSB-SATAアダプターは2009年以前に買ったものだから、最低でも9年間は稼働してくれたわけだ。9年間も動けばいいか。こわれるようなものじゃないと思ったけど、こわれたな。ひょっとしたら、11年間ぐらい使っているかもしれないしな。

ともかく、新しいのを買っておいてよかった。安いときに買ったから、ついているのかな。

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿