2018年2月11日日曜日

ティーパックの緑茶と玄米茶(緑茶)

とりあえず、起きて、インターネットをやっている。『インターネットをやる』というのは、正しい日本語なのだろうか。まあ、ブラウジングしているということだ。

起きてまず最初にやることが、パソコンのスイッチを入れるということだ。スイッチを入れるといっても、完全にシャットダウンしたところから起動するわけではない。スリープから復帰するということだ。キーボードのいずれかのキーを押すか、マウスをクリックすれば復帰するので、たいていは、キーボードの矢印キーを押して復帰させている。

で、(実際に復帰するまでまたずに)水を入れに行く。蛇口に浄水器をつけているので、水は、どばっとは出ない。ちょろちょろ出る。なので、電気ケトル(やかん)に入れるには、わりと時間がかかる。水がたまるまでに一度、パソコンの前にもどって、いろいろやり始める。で、水がたまったら、電気ケトルをセットして、スイッチを入れて、水をお湯にしようとこころみる。たいていこのこころみは成功する。熱すぎてもだめなんだよ。だから、途中でスイッチを切る。スイッチを切らないと、熱すぎて飲めないということになる。さめるまで待つ場合と、蛇口があるところまでいって、水をつけたす場合がある。


まあ、そんなところ。で、いま、それを完了して、水じゃなくて、お湯を飲んだところ。で、二杯目は、お湯じゃなくて、紅茶にする。お湯を入れて、テーパックを中に入れれば、紅茶ができてしまうのだから、楽だ。ちなみに、紅茶と同じようなティーパックの緑茶と玄米茶(緑茶)を用意しているので、紅茶ではなく、緑茶と玄米茶を飲むこともできる。緑茶と紅茶の組み合わせで、ウーロン茶に似た飲み物も飲める。どっちも、一度出したあとのほうがいい。出がらし?のほうが味がまろやかでいいんだよ。ふたつ組み合わせる場合は!! ウーロン茶は、実はあるときから飲めなくなってしまったのだけど、このニセウーロン茶は飲める。出がらし?を使うとちょうどいい、まろやかさなんだよ。まあ、ここはこのみによる。玄米茶と紅茶の組み合わせだと、味はもっと、まろやかになる。こっちの方が好きだな。



いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿